エピレ 日焼け

エピレは日焼けをすると脱毛できない?脱毛と日焼けの関係!

エピレでは日焼けをしている肌の状態では、脱毛の施術を受けることができないのでしょうか。
それは日焼けの程度とコースの内容によります。
エピレの脱毛コースには様々なものがあります。
日常的に太陽の光を浴びたことによる日焼け肌でも、受けることができないコースがあります。
というのも、日焼けというのは肌が炎症を起こしてしまっている状態だからです。

 

日焼けの状態が落ち着いてからエピレは施術を行うことにしています。
エピレで取り扱っている光脱毛は、ムダ毛の毛根部分が持つメラニンという色素に反応し、
そこに光を集めて焼き付けるようにすることでムダ毛を取り除く仕組みとなっています。
日焼けをしたお肌もメラニン色素を持っています。
そのためお肌の色が浅黒くなるのです。
お肌の持つメラニン色素に対して光脱毛器が反応してしまいますと、
お肌がやけどを負ったような状態になり、腫れたり水ぶくれができたりします。
つまり、脱毛を焼き切るほどの熱がお肌に当たるので、
かなりのダメージが与えられることになるのです。

 

エピレでは肌の状態を確認した上で施術を行いますので、
日焼け肌が原因で断られることもあります。
また、肌の表面が落ち着いても、
皮膚の内側にメラニン色素が広がっている可能性があります。
そのため、施術を受ける前はしばらくの間は
日光に当たることをできるだけ避ける必要があるといえます。
特に腕や顏、うなじには注意が必要です。

 

エピレで予約を入れる際に、肌が日光のダメージを受けていると感じる際には、
スタッフの方に伝えると安心できます。
アウトドアなどで強い日光に肌がさらされたことがあれば、
それがいつなのかということも伝えると良いでしょう。
そして、施術を受けることができるかどうかを判断してもらいます。

 

エピレでは、脱毛施術の前後2週間は日焼けをしないように推奨しています。
肌がダメージを受けないように、しっかりとUV対策をして外出するようにします。

 

エピレのキャンペーン|満足度97%のエピレが今なら特別体験価格!