脱毛サロン 世代

幅広い世代の女性が脱毛サロンに通う時代!

ここ最近、脱毛サロンの人気が若い女性だけでなく
アラフォー、アラフィフ世代(以下4、50代)にも広がってるというのをご存知でしょうか?

 

“美魔女”という言葉が存在するだけあって、
4、50代も美意識がとても高まっているのかも。
安易に“おばさん”だなんて言えない時代になりましたね。

 

4、50代に人気がある理由。それは、1つに値段の格安化があると思います。

 

彼女達が今の1、20代である1980年代の脱毛サロンといえば、
ニードル脱毛というのが主流でした。
ニードル脱毛は、毛穴に電気の通った針を刺し、
毛根にある細胞を感電させて腐食してしまうという方法。

 

この方法、脱毛処理は1本ずつ丁寧に行うのでもちろん価格も1本単位。
1本約300〜500円ですが、その量は人によって違うので一概にはいえませんが、
一般的にはかなり時間がかかり高額になります。
また、この施術は脱毛処理の中で最も激痛があるというので、
それだけでもかなりのデメリットであるといえるかもしれません。

 

それに比べて今は光照射やレーザー照射といった痛みも少なく、
場所を選べる簡易なものとなりました。
また、価格もセット料金などがあり、
中には娘さんなどと一緒に脱毛に行くという方も。

 

昔に比べてコスパがかからないというのはもちろんの事、
脱毛を通して親子の交流をはかっているという方も少なくないのかもしれないですね。