光脱毛 レーザー脱毛 ニードル脱毛

脱毛方法の種類と特徴!光、レーザー、ニードル脱毛!

脱毛サロンや医療機関での施術には様々な脱毛方法があります。

 

光脱毛は脱毛サロンで一般的な方法で、
黒い色に反応する特殊な光を当てると毛を作る毛母細胞や毛乳頭にダメージを与えます。
光の強さは弱いので、痛みはほとんどありません。
確実に永久脱毛することは難しいですが、
肌の弱い人でも施術を受けられ、毛深い人ほど光がよく反応します。
最近は脱毛をする女性が増えているので、脱毛サロンの店舗数も拡大しています。
露出が多くなる夏に向けてキャンペーンを行うなど、以前より安い価格で施術を受けられるのが魅力です。

 

レーザー脱毛は、光脱毛よりも出力の強いレーザーを照射して毛根組織を破壊します。
医療行為なので皮膚科や美容クリニックなどの医療機関でしか受けられません。
痛みはゴムでパチンと弾く程度ですが、施術部位や感じ方によっては我慢できないことがあります。
痛みに弱い人は麻酔をすることも可能で、万が一レーザーによる熱で肌トラブルが起こっても、
医師がそばにいるので迅速な対応を受けられます。
光脱毛と脱毛のメカニズムは同じですが、永久脱毛の効果が高く費用も安くはありません。
通う回数が光脱毛よりも少なく済むため、
何回も施術を受ける必要がある人はレーザー脱毛を選んだ方が費用が安くなる場合もあります。
脱毛を取り扱っている医療機関は多くありませんが、
効果に満足できるまで通えるように交通アクセスが良かったりサービスが充実しているクリニックを選ぶと良いです。

 

光脱毛やレーザー脱毛は細い毛や産毛、白髪の脱毛ができませんが、
ニードル脱毛ならあらゆるムダ毛を完全に生えてこないようにできます。
ニードル脱毛はかつては主流の脱毛方法でした。
毛穴に1本ずつ特殊な針を入れ、わずかな電流を流すと毛母細胞を破壊します。
毛穴1つずつに施術を行うので、時間や費用がかかるため気軽に受けたい人には向いていません。
痛みが強く、施術する人によって出来栄えも変わるため他の脱毛方法で除去できなかった部分だけを受けることが多いです。